建退協って?

建退協

建退共とは、建設業で働く人達のために国によって設立された退職金制度です。
他の産業で働く労働者の場合、その多くは同じ事業所で継続して働いており、退職金もその事業所ごと支給を受けていますが、建設業で働く人達は現場や事業所を頻繁に変えながら働いていることが多いため、事業所ごとの退職金の支給対象とはなりにくいという面があります。

このため、事業所ごとではなく、建設産業全てが制度の対象となっており、事業主が共済手帳に証紙を貼付することをもって掛金を積み立てていきます。

労働者は共済手帳の交付を受けていれば、いつ・どこの現場・事業所で働いても、事業主や元請(公共工事の場合)に証紙の貼付を求めることにより、働いた日数に応じた掛金をきちんと加算して、退職時には『建設産業で働いた期間』をまとめて退職金の支給対象とすることができます。

働いた日数が長いほど退職金額の計算には有利になりますので、労働者は積み立てた掛金(証紙枚数)に対して大きな給付を受けられることとなります。
労働者が退職金を請求する際には、それまでに共済手帳に貼られた証紙の総数にもとづいて建退共本部から直接労働者に退職金が支払われます。

労働者が共済手帳の交付や証紙の貼付を受けるためには、事業所(雇用主)が制度に加入することが必要です。

評価点アップ

経審時は評価点で加算されます。
元請、下請関係なく加入することができます。
特に公共工事ではその現場に加入する企業は必ず加入していなければいけない地方公共団体もあります。

トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ